ハンド機ヒノキ胴(2機目)

ハンド機ヒノキ胴2機目を作っています。
主翼、尾翼、胴体を組み立て、ラッカー液を塗り、胴体に尾翼と主翼を接着しました。

尾翼側から見るとこんな感じです。
DSCN8781_20150113223111257.jpg
で、接着剤を乾かして、これ↓、ピンセットとクランプの登場です。
DSCN8782_20150113223112495.jpg
機首に板なまりを載せて、重心位置合わせです。
DSCN8783_20150113223113d2c.jpg
こんな感じで、重心位置合わせて・・・
DSCN8785_20150113223109c6a.jpg
機首部分に、板なまりを入れ込んで・・・
DSCN8786_20150113223757d2d.jpg
次に、機種にスポンジを貼ります。
DSCN8787_20150113223758dc3.jpg
DSCN8789_20150113223800efd.jpg
こんな感じにスポンジを貼っています。
DSCN8790_20150113223801a87.jpg
機体の完成です。
DSCN8791_2015011322375667d.jpg
重量は、16.33gになりました。
前回の機体は、17.28gだったので、すこし軽く出来たようですが。
DSCN8793_20150113224308733.jpg
実は、主翼裏面の補強部品を入れ忘れていました。
DSCN8794_20150113224305260.jpg
この補強部品は、0.60gあるので、これを入れたら同じような体重になります。
DSCN8792_20150113224306fc5.jpg
が、一応、ハンド機ヒノキ胴(2期目)の完成です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつ見てもきれいにできていますね。

それにしても、カタパルト並みに重心が後ろですね。
だから浮きが良いのかな?

おもり追加しています

重心位置は、とりあえず合わせていますが、
飛ばしてみて、追加しています。現場合わせ?です。