紙ヒコーキあそびの反省 どんぐり塾の準備

DSCN5507.jpg
大正新ジャガ伝では、事前に主翼は準備しておき、はさみで尾翼を切り出して、スティックのりで、貼るだけにして、作業時間の短縮で対応しました。しかし、途中で、準備した主翼、尾翼がなくなり、終盤は、最初から全部を切り出して作ってもらうことになってしまいました。そのため、作業時間が非常に長くなり、作るのをあきらめた子ども達のいました。
天気が良く沢山の来場者があったため、紙ヒコーキあそびにも沢山の子ども達が着てくれたので、結果、型紙が全て無くなってしまいました。型紙が足らなかったのは、反省です。また、事前に準備(主翼の製作、尾翼の補強)しておくことで、製作時間を短縮しなければ、この機体で、イベントは、難しいと感じました。
イベントでは、できるだけ簡単に作って、飛ばせるように準備することにします。

ということを踏まえて、今週末のイベント、柏・どんぐり塾の準備をしています。

主翼を組み立て、尾翼の補強を貼るところまでは、事前にやっておきたいと思います。
DSCN5530.jpg
当日は、胴体に尾翼を貼って、主翼を張ったら、完成と言う感じでやろうと思います。

まだまだ、準備が続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント