CAMEOくんの取り扱い説明(2)

今日もCAMEOくんの取り扱い説明のつづき、(2)です。

型紙から全ての部品のトレースが終わったら、それぞれのカット方法の指定です。

車輪や胴体部品などは、半分ずつトレースして、コピー反転して、合わせていますので、グループ化して、縁をカットする設定にします。選択した図形のアウトラインに沿ってカットされます。
Image11.jpg
次に折り線部分のカットです。例えば、尾翼の翼台部分など
Image12.jpg
私は、ミシン目線を指定しています。
Image121.jpg
このミシン目線を入れると、そこから簡単に曲げることが出来ます。
Image13.jpg
ミシン目線のほか、カットなしの指定もできます。
Image14.jpg
さて、カットの指定が終わったら、次に、付属ソフトからプリンターへデーターを送って印刷です。
Image15.jpg

ソフトからプリンターへ送信のボタンを押して印刷開始です。
Image153.jpg
データー送信中です。
DSCN5363.jpg
プリンターに出力されます。
DSCN5364.jpg
トンボも一緒に印刷されます。カットラインは、印刷されません。
DSCN5365.jpg
ここまでの作業は、全て付属ソフトで行います。

次は、いよいよCAMEOくんの出番です。
というところで、明日につづきます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント