CAMEOくんの取り扱い説明(0)

我が家のCAMEOくんです。これまで、今度の日曜日24日に開催の「大正新ジャガ伝」で紙飛行機遊びに使う機体の準備で活躍してくれました。

先日、旭川予選会をパスしたときに、札幌のIさんから使い方くを聴きたかったといっていたの言うことなので、改めて、使い方をレポートします。
DSCN4893_20140819192836645.jpg
↑お写真は、カット前です。カットの位置指定は、全て、付属のソフト、Silhouettestudioで、書きました。
書き方は、ワードの図形モードと同じような使い方です。グループ化や、カットするしないの設定をします。
カットの位置合わせように、トンボを設定して、付属ソフトから、印刷したのが↑の写真です。
DSCN4895_20140819192839426.jpg
これを、付属の粘着しシート(12インチ×12インチ)の指定の位置に貼って、CAMEO本体に挿入してトンボの位置あわせを行ってから、カットを始めることになります。
DSCN4896_20140819192840f9a.jpg
カットが終わったら、カット済みの部品を粘着シートからはがします。
DSCN4901_201408191928357b7.jpg
このときは、粘着シートを丸めると外れやすくなります。無理に引っ張ると、部品に曲がり癖がついてしますので、注意が必要です。
DSCN4902_20140819192913633.jpg
後は、カット済みの部品を、バルサ胴に貼っていく作業を、これまでしていました。
で、こんなことは、解っているといわれそうなので、今回、ネットからDLした型紙を、CAMEOでカットすることに挑戦して、レポートしたいと思います。
ただいま、準備中です。まずは、カットに挑戦する型紙を探したいと思います。

明日に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント