R-590の製作はじめます。

格納庫の整理、一応完了です。
ハンド機590を5機と零戦を4機、格納しました。


で、R-590の製作を始めることにしました。
まずは、バルサ胴の製作です。
改めて、在庫しているバルサ胴の重さを測りました。
DSCN3143.jpg
C2とD2の組み合わせが3.82g
3とD3の組み合わせが4,18g
B4とC4の組み合わせが4,43gになります。
今回は、一番重いB4とC4のバルサ胴を使うことにします。
DSCN3144.jpg
バルサ胴のバリを紙やすりで取ってから、接着剤を塗って、張り合わせます。
DSCN3145.jpg
冶具(板)に挟んで、接着剤が十分に乾燥するまで、このままにしておきます。

私が使っている道具は、↓のような感じです。
DSCN3146.jpg
100均のミニクランプやアルミのアングル、3mm厚の板などです。
このほか、はさみ、カッター、千枚通し、ピンセット、鉛のおもり、大クランプ
定規などです。
折り目は、千枚通しでスジを入れて、定規に挟んで、折っています。
DSCN3147.jpg
で、次に590の型紙にデザインを印刷しますが、まだ、デザインが決まっていません。
DSCN3148.jpg
明日、デザインして、印刷したいと思います。
今日は、こんなところです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント