決勝大会の反省 実は危機一髪


↑は、11月1日帯広を出発するときに写したとかち帯広空港の写真です。
出発の1時間以上前に、搭乗手続きを終えて、
DSCN8885.jpg
豚丼を食べて、羽田空港に、そしてJR線で
DSCN8894.jpg
無事に三鷹駅に到着、ホテルにチェックインしました。午後11時

そして、二宮康明杯決勝大会での写真
DSCN9005.jpg
お二人の写真も撮らせていただき
DSCN9068.jpg
この写真を最後に撮りました。

表彰式が終わり、帰ることに、午後3時40分過ぎ
帰りの飛行機は、午後5時55分発です。
昨年と同じ時間の帯広行きの最終便です。
でも、よく考えると、昨年と違うところが、今年は、規定7があり、終了時間が遅くなっていたのです。そこを忘れていました。
バスで三鷹駅から中央線で東京方面の電車に乗ったのが、午後4時12分です。
一緒にS浦さん、N須さんも同じ車両に、私は、神田で山手線に乗り換えて、浜松町からモノレールで羽田空港へ向います。羽田空港に到着したのが、午後5時15分過ぎでした。
JALのチケットを取り、荷物を預けようと並んだところで、55分発の方、いらっしゃいますかのアナウンス、はいと手お上げると、お急ぎくださいと、案内されて・・・先に手続きしていただき・・・

昨日、無事に帰還しましたと書きましたが、
実は、危機一髪でした。もう少し遅かったら、最終便に乗れなかったのです。
振り返りますと、神田でS浦さんに、乗り換えの案内をしてもらえなかったら・・・
当初は、品川から京急でと考えていましたが
少しでも早くと、浜松町からモノレールに乗り換えたこと、さらには、モノレールにもぎりぎりで乗り込めたこと、これらが1つでも崩れていたら、最終便に乗れなかったのでした。(運が良かったのでした)

帰りの時間には、十分に余裕を持ちましょう!!
午後3時40分の閉会から羽田空港午後5時55分発の便には、乗り遅れる危険がいっぱいでした。教訓!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ですです。

 結構遠いんですよね。空港←→武蔵野中央公園。私も2時間あれば余裕かなって思ってたんですが、行きしなはなんだかんだ合って3時間近くかかってました。帰りは吉祥寺駅から高速バスで1時間半~2時間で乗り換え要らずで楽できました。荷物が多いときはコチラがいいかもしれませんよ。それでも来年は移動に余裕を持って、3時間みといた方がいいかも!?ですね。荷物も、ホテルに送るってこともいいかもしれませんね。

今年は、振り返りますと、ある意味、奇跡的だったかもしれません。
次回は、余裕を持って3時前には、はらっぱを出るようにしたいと思います。