紙飛行機づくりのつづき

今日も紙飛行機づくりのつづきです。
機首部分の張り合わせ、板に挟んで乾燥させます。

乾燥してから、不要部分をカッターで切り出します。
DSCN8514.jpg
尾翼の製作、垂直部分は、アルミアングルに固定して、直角に保持しています。
DSCN8515.jpg
バルサ胴に機首部分と尾翼固定部分を接着します。
主翼台座も製作しました。
DSCN8517.jpg
ここまで完成です。後は、主翼台座に主翼を固定します。
DSCN8518.jpg
主翼を接着し固定しています。
DSCN8520.jpg
重心位置合わせ中です。
板鉛をカットして、重心に合わせています。
DSCN8523.jpg
錘の量が決まったら、先が平らなベンチ?で小さく丸めて、機首に入れます。
このペンチも100均です。
DSCN8519.jpg
後は、ラッカー液を3回塗って完成です。
ラッカー液は、ラッカー1:うすめ液1で薄めています。
ラッカー液は、ジャムの空き瓶に入れています。刷毛は、乾燥しないように密閉びんの中に入れっぱなしでス。なのですぐにラッカー液を塗ることが出来ます。
ラッカー1回塗ったら、500番の紙やすりをかけます。
2回目塗り終わったら、800番の紙やすり、3回目塗り終わったら、
1500番の紙やすりで磨きます、

今日はここまでです。
明日、ラッカー液残り2回塗ることにします。つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント