カラスよけサークル マークⅡの出番です。

今朝早く、見かけた近所のごみステーションです。もうすでにカラスの襲撃を受けて悲惨な状況です。
DSCN8235.jpg

ということで、昨夜、カラスよけサークルを改良することにしました。

おびひろタイプ カラスよけサークル マークⅡを作ります。
以前紹介した、カラスよけサークルですが、ワイヤーラティス8枚で作ったのですが、ごみの量が少ないので、6枚で使用していました。2枚余っていました。
DSCN8208.jpg
余っていた2枚を上に付け直します。
DSCN8209.jpg
そうすると、ちょうど蓋のようになります。
DSCN8210.jpg
ごみを入れるときには、片方を持ち上げて入れることが出来ます。
DSCN8211.jpg
こうすると、サークルにネットをかけなくても、カラス被害を防げます。
DSCN8212.jpg
そして、使い終わったら、これまでどおり、折りたたんで
DSCN8213.jpg
コンパクトに収納できます。
DSCN8214.jpg
こんな具合です。

ということで、今朝は、我が家のカラスよけサークル マークⅡの出番です。
DSCN8216.jpg
たたんだ状態から開くと↓こんな感じです。
DSCN8217.jpg
今朝から、早速、使うことにします。
DSCN8218.jpg

しっかり、カラス被害から守ってもらいましょう!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長崎では・・・。

 長崎市では、市の方でカラス&ネコ等除けの折り畳み式のネットが各ゴミステーションに設置されてますよ。 ネコと坂(高齢者もだけど。)の多い長崎ならではかもしれません。

坂の街「長崎」では、いろんなことで大変でしょうね。
ごみ収集や引越し、宅配業者も、いつものお散歩コースを
上り下りしていると思いますので・・・・
帯広は、平坦なので、その点では助かっているのでしょう。