キャリングケース

二宮先生の切り抜く本には、必ずキャリングケースが紹介されて
います。

紙飛行機を家から広場へ運ぶとき、機体が変形するのを防ぐため
キャリングケースを使用することをおすすめすることが書かれて
います。
そして、先生が使用しているキャリングケースが紹介されています。
DSCN4001.jpg

その実物を見せていただいたときは、ものすごく感激しました。
撮影もさせていただきました。

200910030.jpg
2009年10月30日 武蔵野中央公園にて 動画

20111107.jpg
2011年11月7日 武蔵野中央公園にて

二宮先生のキャリングケースは、ゼロックスのコピー用紙A4の箱を
利用して作られています。
使い初めてから30年以上とのお話を伺いました。

撮影してからもう5年近くなります。
紙飛行機の歴史を物語る貴重なお宝です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント