バルサ機の主翼製作

昨日、蝦夷リスのポンちゃんに久しぶりに会いました。
えさのひまわりの種を100均で購入し、今朝、いつもの場所に置きました。
2日ほど、えさがなくなり置くのを忘れていました。
催促に現れたのでしょうか?久しぶりに姿を見ました。


R-590は、冶具に固定したまま、しばらく放置します。
今日は、バルサ機スパン55cmの主翼を製作します。
8×80×600mmのバルサを用意し、翼方にカットします。

DSCN6459.jpg

前縁部分には、2×5mmの桧棒を木工ボンドで接着し、セロテープで固定します。

DSCN6461.jpg

札幌の型は、桧をお湯につけておいて、瞬間接着剤で接着していると聞きました。

DSCN6460.jpg

今回は、いままでどおりの作り方で行きます。

DSCN6463.jpg

木工ボンドが乾くまで、一晩このまま置いておきます。
明日以降、削りたいと思います。

明後日、土曜日には、紙飛行機教室、日曜日は、帯広予選会です。
天気は、なんとか良さそうです。
今夜の新聞では、日曜日の最高気温は、27℃の予想です。
風がなく、良い条件の予選会となることを期待しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント