カラスよけサークル おびひろタイプ

おびひろタイプ カラスよけサークル

昨日、100均に出かけて、カラスよけサークルの材料を仕入れて、製作しました。
カラスよけサークルは、カラスや風によって、ごみが飛散しないようにするための飛散防止ネットの補助器材です。
作り方は、帯広市のホームページに紹介されています。ごみの飛散対策

購入してきた部品は、ワイヤーネット54.5cm×40cmを8枚
DSCN5696.jpg

結束バンド 長さ10cm160本入りを1つ、二重リング 22mm16個入りを2袋
DSCN5695.jpg

鉢底ネット ロールタイプ1m×50cmを2本 これは、税込み210円商品
DSCN5697.jpg
以上、〆て材料費は、1,575円です。すべて100均で調達できました。

帯広市のホームページのマニュアルでは、トリカルネットを使うことになっていましたが、
100均で見つけた 鉢底ネットで代用することにしました。
これで材料費を少し節約できます。

まず、鉢底ネットをワイヤーネットの幅40cmより1cmほど短くカットし、25cmの高さにします。
これを8枚作り、ワイヤーネットに結束バンド8本で止めていきます。
こんな感じです。
DSCN5700.jpg

これと同じものを8枚作ります。
DSCN5701.jpg

後は、2重リング3個で連結していけば完成です。
鉢底ネットが内側になるようにつなげていきます。
DSCN5703.jpg

8枚つないでいくとこんな感じになります。
DSCN5705.jpg

使用するときは、サークルの中にごみを入れて
DSCN5706.jpg

飛散防止ネットを掛けるだけです。
DSCN5708.jpg

使用後は、重ねて伸ばして、たたんでいきます。
DSCN5709.jpg

折りたたんでいくと、ワイヤーネットの大きさに収納できます。
DSCN5710.jpg

これで、カラスよけとごみの飛散対策は、万全でしょう!!!
カラス対策に困っている方は、是非、作ってみてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日本各地で。

 カラスの被害ってバカになんないですよね。結構頭いいですしね。でも、今日の横浜のニュースは気になるところですね。

おびひろタイプは、いいですね!

 札幌で、ワイヤーネットを使ったカラスよけサークルを使ってます。
 ワイヤーネットを結束バンドでつないだだけの旧式で、
 おびひろタイプのような、
 最新式じゃありません。

 早速、帯広市のホームページから「使い方・作り方マニュアル」を、
 ダウンロードしました。

 この中に、
 中のごみが確認できます。 → これ重要です!!
 と書いてありました、
 これって、
 本当に重要なんです。
 
 今までに、30台近く作って設置したんで、
 全部、最新式に改造するの大変です。
 どうしようかと困ってます!  
 

おびひろタイプぜひ試して

おびひろタイプ 是非試してみてください。
折りたためるのも良いと思います。
ごみが少ないときには小さくできます。

おびひろタイプを推奨してます!

 おびひろタイプを推奨してますよ!

 旧式も折りたためますよ、
 折りたたんで小さくできます。 → これ重要です!!

 道路上(歩道上)に設置されたごみステーションは、
 道交法の規定があって
 ごみ収集が終わったら、
 きちんと折りたたんでおかなければ、
 いけないんですよ、
 それに、
 きちんと折りたたんであると、
 ポイ捨てされにくくなるんです。
 
 旧式を、
 おびひろタイプを参考に改造するために、
 金属リングのもっと安いものを調査中です。 
 
 ここで紹介して頂きありがとうございました。
 それじゃなきゃ、
 おびひろタイプを知るまで、
 あと5年かかったかもしれません。

改造 がんばってください

コメント投稿ありがとうございます。

参考になって、良かったです。
二重リングは、 22mm16個入り100均で見つけて使いました。
もっと安い二重リングが見つかると良いですね。

改造、がんばってください。

トラックバック

ワイヤーネットを使ったカラスよけサークルを作るなら!

 以前から、  ワイヤーネットを使ったカラスよけサークルを、  作って使っているんですが、  最近、  帯広市で、  飛散防止ネットの効果を高める補助器材として、 ...