よく飛ぶ紙飛行機集・・・

2005年(平成17年)10月8日 石川県かほく市 決勝大会前日の懇親会で、初めていただいたサイン・・・・

「二宮康明の競技用機10機選」は、子供の科学連載20年を記念したシリーズだそうです・・・・協会HPより
1冊は、切り抜いていますが、サインをいただいた方は、もちろん切り抜かずに保存しています。
DSCN2668_201509022155401a7.jpg
先生のサインは、決勝大会の日付2005年10月9日となっていますが、サインをいただいたのは8日の懇親会です。
DSCN2669_20150902215543b83.jpg
いずれも、1987年10月31日発行の本です。

で、私が最初に購入した本は、よく飛ぶ紙飛行機集第1集とずっと思っていましたが・・・・
DSCN2665_2015090221553703d.jpg
現在在庫している本をよくよく観ると・・・
DSCN2664_20150902215544f29.jpg
定価750円の上定価770円のシールが・・・・貼ってありました・・ということは、
消費税が導入された1989年4月以降に購入したものということに・・・
DSCN2666.jpg
本の発行は、1978年7月15日ですが、1983年12月10日第9刷であることが判明・・・
私の中では、「よく飛ぶ紙飛行機集第1集」が一番最初に買った本のはずでした・・・
で、よ~く思い起こしてみました。
協会HP資料を探して・・・分かりました・思い出しました・・
DSCN2670_201509022216547b6.jpg
私が購入したのは、北見の大学1年生の時、1973年春から夏の間です。
つまりその時点で購入可能だった本は、1972年8月に発行されていた
「子供の科学別冊 よく飛ぶ紙飛行機集」ということになります。
現在、所有している本と同じ表紙だったはずです。その本をながめながら・・・初めて、
二宮先生の紙飛行機を作って、飛ばしました。
私の二宮式紙飛行機デビューは、1973年ということになします。
国際紙飛行機大会で特賞をとった機体を改良した競技用機を作ったと記憶しています。
あまりうまく飛ばすことが出来なかったので・・・・紙飛行機に熱中するということにはなりませんでした・・・
ひたすら勉強!勉強!の学生生活を4年間送りました!!!よ~っと・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント