明治北海道十勝オーバル で・・・

明治北海道十勝オーバル
帯広の森運動公園内の屋内スピードスケート場です。

3月1日は、今シーズン最後のスケート営業日ということで、無料開放されました。
で、出かけてきました。
DSCN9651.jpg
外観は、こんなです。
DSCN9607_2015030222374268e.jpg
中には、地元帯広・十勝からオリンピックに出場した選手の写真や、メダル、スケートなどが展示されています。
清水宏保の写真も・・・
DSCN9608_20150302223743e90.jpg
DSCN9609_2015030222374579a.jpg
DSCN9623.jpg
DSCN9624.jpg
DSCN9625.jpg
清水選手のメダルは、長野オリンピックの金メダル・・・

で、リンクへ入るのは、階段を下りて、地下通路から中地へ移動します。
DSCN9610.jpg
DSCN9611.jpg
ドアを抜けて、地下道から上に上がります。
DSCN9612_20150302224626174.jpg
中地に到着します。
DSCN9613_2015030222462708f.jpg
↓写真の階段から上がってきました。
DSCN9614_201503022246281a9.jpg
白いところが、リンクです。(もとろん氷のリンクです、一周400m)
DSCN9615.jpg
で、オーバルまで来た目的は、右側の中地です。
DSCN9622.jpg
中地は、テニス、フットサルなどのスポーツに使えます。
DSCm9621.jpg
DSCN9619.jpg
DSCm9620.jpg
ということで、これを持参しました。
DSCN9648.jpg
折り紙ヒコーキ、スカイキングです。
DSCN9649.jpg
DSCN9650.jpg
戸田会長に教えていただいた折り方で、折りました。

で、ちょこっと飛ばさせていただきました。
DSCN9616_201503022257129be.jpg
DSCN9617.jpg
DSCN9618.jpg
中地の広さは、テニスコート6面、フットサルコート3面の広さです。
DSCN9652.jpg
120m×34mの広さで、3分割(フットサルコート1面)1持間に2,400円の使用料がかかります。
DSCN9653.jpg
折り紙ヒコーキなら天井には、届きません。
紙飛行機、ハンドランチでは、天井に届きそうな感じ、ゴムカタパルトは、天井を突き抜けてしまうでしょうが、帯広市内では、一番広い屋内空間です。
建物の高さは、19.9mですから、天井までは、16mくらいでしょうか。梁もあるので・・・
ただし、リンクがオープンしている期間は、空調が入っています。
これから、リンクの氷がなくなる4月から7月くらいまでは、全部借りると空調は、止められるそうです。
その場合、1時間7,200円かかることになりますが。
紙飛行機の屋内練習用に、どうでしょう!!か?

今日は、明治北海道十勝オーバルのご紹介でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

さすが帯広

千歳出身の私の冬のスポーツはスピードスケートでした。学校グランドにはリンクがあり、家の傍の鯉養殖用池にも自然のリンクがあり、スケートだったり、長靴だったりといつも遊んでました。高校では一切やらず、大学で初めてホッケーの靴を履き(2.3ヶ月だけ)、転びそうになったけど、10分くらいで慣れました。それから20年位離れ(札幌ではスケート靴を売っているところがほとんど無い)、子供と一緒にと思いリンクに立つと、スケートで初めて恐怖を感じました。エッジが効いてないのもあったのですが、滑るのが怖かったです・・・。たわいもない話でした。

帯広は、ずっとスケートです。

帯広は、冬、ずっとスケートでした。小学校~中学校
スケートと言っても、スピードスケートでした。
丘リンクと言って、雪が降る前に、グランドにスコップで
土手を作って、雪が降ったら、雪踏みをします。
夜、冷えた頃に、水をまいて、氷を作り、リンクの完成。
冬休みは、毎日、学校へ出かけて、スケートの練習でした。
懐かしい!!